記事執筆

稼げる記事の王道!読まれる体験談記事の作成の流れを具体的に紹介!

アフィリエイトの記事執筆は、いかに検索上位に表示させるかがすべて!ただ、私たちがやることは実は作業の積重ねにすぎません。

管理人
順番通り一つ一つ作業をこなしていきます

ここでは、検索上位に上がりやすくなるために、私が実践している作業手順を具体的に説明していこうと思います。

集客記事と訴求記事

集客記事と訴求記事の違い

記事執筆手順を説明する前に、記事の種類の確認です。記事には大きく分けて「集客記事」と「訴求記事」の二つの種類があります。

集客記事はその名の通り検索ユーザーをブログに集客するための記事になり、この記事からは基本的には商品は売りません。

管理人
商品を売らないとは記事内に商品リンクを設置しないという意味になります

一方、訴求記事は、その名の通り商品を売り込むための記事で、この記事から商品をガンガン売っていきます。

ここでは、訴求記事の中でも、一番執筆することが多い体験談記事の書き方ついて詳しく説明していきます。

ビッグキーワードで攻めるのが基本

複数のアフィリエイトブログを運営していると、どんなキーワードが売れるのか、どんなキーワードで検索するのかなんとなく分かってきます。

同じワードが見かけることが多くなります。たとえば、物販(化粧品・健康食品・育毛剤など)なら次のようなワードがよく検索されてます。

●●+口コミ
●●+評判
●●+ランキング
●●+効果
●●+使い方

※●●は商品名

こうしたキーワードは一般的に数万ボリュームがあることが多く、ボリュームが大きいキーワードのことを「ビッグキーワード」と言います。

管理人
検索ボリュームとは、検索された回数(ボリューム)という意味

つまり、訴求記事を執筆するときは、必ず「ビッグキーワード」を入れて記事を書いてくることがとても重要になります。

でも、ビッグキーワードは競合も多いから検索順位に上がらないんじゃないの?上がるかもしれないけどハードル高くない?

と思うかもしれません。

ですが、ここで重要なのは訴求記事は、検索上位を狙うためだけに記事を執筆するんじゃないってことです!

訴求記事は内部リンクで誘導する!

訴求記事への導線

訴求記事は収益を上げる超重要な記事です。そのため、検索上位は当然目指していきますが、それと同時に内部リンクからも誘導します。

管理人
内部リンクは「関連記事」や「おすすめ記事」などを記事下に配置して誘導していきます

集客記事で集めた検索ユーザーを内部リンクで訴求記事へと誘導する、といった方法もできるので、どんなにライバルが競合でも記事は書きます!

検索順位で上位表示できればラッキーですが、仮に検索上位になくても、内部リンクから誘導するといったイメージです。

訴求記事タイトルに「口コミ」必須!

商品によって必ずしも「口コミ」を入れるわけではありませんが、少なくとも物販の場合、訴求記事に口コミは入れてます。

そもそも体験談とは何かといえば、「口コミを超詳細にしたもの」です。口コミは実際に使用した人の一言体験談です。

一方、体験談記事は、実際に使用した人の長文体験談。「実際に体験した人の感想」という部分が共通しているのが分かります。

そのため、体験談記事に「口コミ」を入れるのは矛盾しませんし、検索ボリュームが高いので私は入れることを推してます。

自分の主観的な感想だけでなく、いろんな人の口コミを紹介することで、より客観的な記事を作成することができます。

管理人
客観性を「信頼性」「信憑性」と言い換えてもいいですね。口コミはそれくらい重要です!

記事執筆は情報収集が8割

ここまで、体験談の執筆方法について概念的なことをお話しましたが、ここからいよいよ具体的手順へと進みます。

ステップ1

ラッコキーワードでキーワード収集

ラッコキーワード

※ラッコキーワードは検索上限が設けられていますが会員登録(無料)すれば無制限に検索可能です

まず、ラッコキーワードツールを使い、商品名で検索をかけていきます。たとえばビーグレンのサイトを作るとしたら。

管理人
検索窓に「ビーグレン」と入力して検索をかけます
ラッコキーワードの検索結果

和っこキーワードの検索結果

※ラッコキーワードの検索結果

ラッコキーワードには「全キーワードコピー」というボタンがあるのでこのボタンを押すと、全キーワードを自動でコピーしてくれます。

ラッコキーワードで取得しコピーしたキーワード群をアドワーズに入れて、それぞれの検索ボリュームを調査していきます。

アドワーズでの検索ボリューム結果

ビーグレンの検索ボリューム

※アドワーズの検索結果

ボリューム数の高い順に並べ替えて、上位キーワードを分析します。とはいえ、物販キーワードの多くは「口コミ」が上位にきてることが多いです。

ステップ2

口コミサイト・知恵袋・アマゾン・楽天市場・SNSで口コミ収集

次に、ネットをフル活用して口コミを片っ端から読み込んでいき、商品のメリットやデメリットを徹底的に理解していきます。

管理人
口コミ調査をするとき次のポイントを意識して調査してください
  1. その商品のメリット
  2. その商品のデメリット
  3. 他社商品と比較していないか

このうち、一番重要なのがその商品のデメリットになります。アマゾンで商品を購入するとき口コミを読みますよね。

口コミで注意深く読むのはデメリットではないですか?デメリットが許容できるなら購入ボタンを押してるはずです。

ステップ3

デメリットをメリットに変えられないかを意識する

悪い口コミを読んだけどその後その商品を購入したという経験はあるはず、悪い口コミが購入を阻害するほどでもなかったからです。

体験談記事を執筆するときここを意識します。つまり、「デメリットをメリットに変えられないか」を考えます。

管理人
検索ユーザーの購入阻害の要因となる商品のデメリットを失くしていきます

たとえば、ビーグレンの場合なら、口コミを調べていくと「ヒリヒリする」といったデメリットがあったとします。

ビーグレンはビタミンCが配合されているんですがビタミンCは刺激のある成分なので肌が弱い人には刺激が強いことがあります。

このデメリットをメリットに変えるにはどうしたらいいか。たとえば、次のような説明をしてデメリットを和らげていきます。

  • 夜ケアのみをすすめる
  • 日中使いは避ける
  • 週一回のスペシャルケアとしてすすめる

デメリットの解決策を自分なりに書いていくことで、記事を読んで納得してくれた人が購入してくれるという流れです。

口コミ調査をするときは「その商品のデメリット」を注意深く探し、それをあえて記事にする。これがとても重要です。

記事の構成はマニュアル化できる

ちなみに、体験談を突きつめていくと、実はどの記事構成も似通ってきます。そのため、マニュアル化することが簡単なんです。

たとえば私の場合(化粧品の場合)ですと、

その商品の特徴

使用レビュー

気になるポイント(デメリット)紹介
>2~3つのデメリットと解決策紹介
>このとき口コミも掲載する

その商品の使い方を紹介
>どんな順番でつけるか
>使うときのコツを紹介

その商品の成分

その商品のいい口コミ・悪い口コミ紹介

その商品の最安値情報

商品まとめ
管理人
文字数は5~7千文字くらい(引用してる口コミの文字数も含む)が平均です

私の場合はこんな感じの構成で、取り扱う商品によって多少異なりますが、基本構成はこの流れで書いてます。

また、各見出しに使い方、口コミ、最安値など、いずれも検索ボリュームの高いキーワードを盛り込んで記事を作成しています。

差別化は「文章」ではなく「画像」

物販の体験談記事では文章より画像が強いです。文章をだらだら書くよりも、画像一枚で情報量も説得力も何倍も違ってきます。

そのため、実際に商品を購入することを強くおすすめします。ビーグレンならトライアルセットを実際に購入して試してみる。

写真があるかないかで、商品の売れ行きは全然違ってきます。文章だけで売り込まない、これがとっても大切な意識です!

訴求記事執筆手順まとめ

ここまで説明してきたことのまとめです。訴求記事では必ずビッグキーワードを盛り込んだタイトル、記事執筆を意識します。

そして、ネットを使った口コミ調査、とくに「悪い口コミ」は徹底的に洗い出すことで、検索ユーザーに読まれる記事が作れます。

もちろん、デメリットを紹介しただけではダメで、デメリットを解消するような解決策を書かなければ売れません。

さらには、たくさんの写真を使って検索ユーザーに説得力と信頼を与えていきます。これらのポイントを意識してみてください!

-記事執筆